VSCodeで日本語にのみ別のフォントを設定する(Windows)

VSCodeでプログラミングしていると、コメントの日本語フォントが気に入らなかったりします。今回は、英数字と日本語でそれぞれ別のフォントが適用されるように設定してみます。

フォントのファミリを調べる

VSCodeでは、フォントの「ファミリ」を指定する必要があります。ファミリはフォント名とは異なる場合があるので、調べておく必要があります。

Windowsでは、「コントロールパネル > デスクトップのカスタマイズ > フォント」と進むと、インストールされているフォントの一覧が出ます。

リストの一番上の「名前・フォントスタイル・…」の行を右クリックすると、リストに表示する列を設定できます。ファミリにチェックを入れると、一番右にファミリの列が追加されます。(下図)

あとは、自分が設定したいフォントのファミリを探します。例えばフォント名が「MS Pゴシック 標準」のファミリは「MS Pゴシック」となっています。

VSCodeでフォントを設定

VSCodeでフォントを設定するには、「File > Preferences > Settings」とたどり、”Editor: Font Family”欄にフォントのファミリを記述します(settings.jsonでも設定できます)。以下の例では、英数字に 「Consolas」、日本語には「Meiryo UI」 が適用されるように設定しています。

“Consolas,Meiryo UI”というようにカンマ区切りで2種類のフォントを指定しています。先に記述したフォントが優先的に適用され、そのフォントを適用できない文字に対してのみ、2番目以降で指定したフォントが適用されるようです。Consolasは日本語フォントを用意していないため、日本語の表示にのみMeiryo UIが適用されるというわけです。

もしフォントの変更が適用されない場合は、フォントのファミリが正しいかを確認し、念の為VSCodeを再起動してみてください。

(参考)settings.jsonに設定する場合

“editor.fontFamily”: “Consolas,Meiryo UI”

コメント

タイトルとURLをコピーしました